シャンデリアの長さ|クイーンベッドや遮光カーテンとシャンデリアで豪華なお部屋作り

シャンデリアの長さやお手入れの方法について

定期的なお手入れが必要

シャンデリアはホコリが溜まってしまうため、定期的にお手入れをする必要があるでしょう。構造が複雑な部分もありますから、そのお手入れ方法はひと工夫する必要があります。お手入れの最中は細かいパーツなどを引っかけてしまわないように注意しましょう。

シャンデリアのお手入れ方法

掃除道具を準備しましょう

シャンデリアのお手入れを行う際には、まずは掃除道具を準備することから始めましょう。掃除に必要となるアイテムが、ほこりをキャッチしやすいマイクロファイバーのふきん、ハンドワイパーとなります。

装飾部分を拭いていく

まずはシャンデリアの装飾部分のホコリを取り除いていきましょう。装飾部分は、優しく触れていくことが重要となります。マイクロファイバーのふきんを利用して、パーツを挟み込みながら丁寧にホコリを除去してください。

電球を拭いていく

シャンデリアの装飾部分を綺麗にすることができたら、電球を拭いていきましょう。電球を拭いていく時もマイクロファイバーのふきんを利用し、優しく拭き上げていきましょう。

届かない場所も掃除する

シャンデリアは、手を入れにくいような部分があることもあります。そんな時にはハンドワイパーを利用して、奥のホコリを取り除いていきましょう。複雑な形のシャンデリアには、小ぶりなハンドワイパーを利用してみるなど工夫をすることもおススメです。

シャンデリアの長さ

シャンデリア

シャンデリアの長さについて

シャンデリアの全長と呼ばれるものは
・シャンデリア本体
・チェーンの部分
・天井と繋がっているカバーの部分
以上を足した数となっています。シャンデリアを購入する際には、シャンデリアの全長を考慮する必要があると言えます。

設置したい天井の高さを確認

シャンデリアを購入する時に重要となるのが、設置したい場所の天井の高さを計測しておくという事です。シャンデリアの全長を考慮して、どの程度の位置にシャンデリアが下げられるのかを良く考えておくことが必要なのです。

低い位置に取り付ける場合

日本では天井に高さがあまりないようなお部屋も多いことでしょう。シャンデリアを取り付ける位置がどうしても低くなってしまう場合には、シャンデリアの下にセンターテーブルを置いてしまうと良いでしょう。センターテーブルを置いてしまうことで、シャンデリアの下を人が通るようなことが無いからです。

ダイニングテーブルの上

シャンデリアは低い位置に取り付けることによって、おしゃれに見せることも出来ます。例えばダイニングテーブルの上にシャンデリアを設置するようなケースです。ダイニングテーブルより90cmほど高い位置にシャンデリアが来るようにするのがベストな位置でしょう。